ステンドラはアメリカで認可された新しいED治療薬

Pocket

ステンドラはアメリカの製薬会社ヴィヴィス社が製造・販売する、アバナフィルを主成分としたED治療薬です。
硬すぎよりは、ほどほどでいい?ED治療薬による充血の痛みにはご用心を
第4のED治療薬として注目を集め、2012年にアメリカのFDA(食品医薬品局)に認可されて販売が開始されました。
元々は日本の田辺三菱製薬社が開発に着手した医薬品ですが、2001年に開発・販売権がヴィヴィス社に移行されてアメリカで販売をすることになったという背景があります。

ステンドラの用途や効果は他のED治療薬とほとんど変わらず、体内に存在する5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)の酵素活性化活動を阻害して血管を拡張する作用があるので、海綿体に行き渡る血液量が増加して勃起を促す効果を発揮します。

この効果によって陰茎の硬化を維持して性行為に臨めるというわけです。

効果はバイアグラと同等ですが、ステンドラの方が即効性に優れていて、最短で15分で効果が現れます。そのため、ED治療薬の中でも使いやすく人気が高いです。

また、ステンドラの主成分であるアバナフィルはバイアグラよりも持続時間と効果が長く、即効性が長所のレビトラよりも即効性に優れ、副作用が非常に軽いというメリットがあります。

さらに、ED治療薬ではネックとなる「空腹時服用」というわけでもないので、自分の好きな時に使用することができるのです。

食事の影響を受けないというメリットは非常に大きく、この点でも他のED治療薬よりも使いやすいので人気があるのでしょう。

日本ではまだまだ知名度が低いステンドラですが、ジェネリック医薬品を通販・個人輸入代行で購入することができます。
しかし、個人輸入代行では偽者も多く出回っているので、購入の際には注意が必要です。
ステンドラが日本国内で承認されたり、ジェネリック医薬品の流通が拡大することがあれば、さらに人気を集めることが予測されます。