行政書士の仕事を通じて身に着くスキルや経験

Pocket

行政書士は、主に市町村や地方自治体などの役所への書類作成と申請代行及び住民サービスへの相談申請ですが、役所に提出する種類は多岐に渡るので他の資格の専決に掛からないものを除けばその仕事の領域は広いです。
特に建築関係の許可などは経験しておけば、転職の際に評価されるスキルでこの建築内容に精通していないと書類が作成できないです。
またこの申請との役所とのやり取りも大切で、この許可が下りないとできない工事も多いので職域の幅が広がります。
またこれと同じ、営業の許可も知識は必要なのでその経験は職務の資産になります。

この営業許可に食品衛生法に基づく飲食および風俗の店の許可があります。
食品衛生法の内容を知っていないと申請代行どこか役所の窓口での相談もできないので、また飲食店の許可はニーズがかなりあるのでこの申請代行も得意分野であればスキルとして評価されます。
あとは最近ニーズが多いのが、帰化申請でこれは日本国内法だけの問題でなく、元の国籍のある国の法律も関係してくるので経験と事項に対する精通度が問われます。
例として韓国籍の人が帰化するには、日本における実態のみならず、本国での兵役の義務の履行または免除の事実などを証明しなければならず、帰化申請は煩雑で手間が必要な分、仕事として内容をしていることは高いスキルがあると評価されますのでこれも行政書士の仕事として経験しておくと得意分野としての強みになると思われます。