外断熱リフォームとはどのような工事なのか

Pocket

住まいの中の温度を一定に保つことは、あまり重要視されませんが快適に過ごす上で欠かせないことです。
住宅それ自体に温度を保つ機能を持たせれば、冷暖房を必要以上に使う必要もなくなる為、家計にも環境にも優しいポイントです。
それには断熱を適切に行う必要があります。
断熱には外断熱と内断熱があり、それぞれに特徴があります。
外断熱とは、鉄筋コンクリートで作られた建物の外側を、断熱材で覆う工法です。

これによって外の熱を家の中に伝えにくくします。
最近ではリフォームで行う人もいますが、外リフォームの場合は住みながら施工を行うことが可能なので、引っ越しや仮住まいをする必要がなく、大きなメリットと言えるでしょう。
外から断熱を行うことで、壁や柱といった建物の内部に結露が発生するのを防ぎます。
また、建物を覆う形になるため気密性が高くなり、柱なども傷みにくくなるメリットもあります。
外断熱のリフォームを行うときに注意する点もあります。
既存の建物の外側に断熱材を取り付けるため、外壁が厚くなり建物が全体的に大きくなります。
敷地面積に余裕がない場合は、屋根などに部分的に取り付ける工事方法もあります。
また、高気密高断熱になりやすいため換気の設備も整える必要があります。