包茎手術の基礎知識

Pocket

包茎手術とは男性の亀頭を包む包皮を切除し、亀頭を露出させる手術を指します。
仮性包茎は治すべき?実際に手術する時の方法は
そもそも包茎には種類があり、真性包茎やカントン包茎、仮性包茎があります。
この中で真性包茎とカントン包茎は保険適用をしてもらって手術を受けられます。
そのため泌尿器科などに行けば保険を使って手術ができるようになっています。
仮性包茎は自分で包皮をズラせば露出できるため、特に問題がないということで保険適用はなく手術はすべて自費です。

費用でいえば保険適用を受ければ数万円、されなければ10万円程度が相場となります。
一方で保険適用を受けられるにもかかわらず、自費で美容外科などにお願いするケースも見られます。
これは保険適用でなされる手術の仕方が単純に切除するだけにとどまるからです。
保険適用の注意点は見た目に包茎手術をしたことがバレバレになる点であり、銭湯などに行った際に周囲の目がもっと気になるようなことにもなりかねません。
自費で行う分、自然に包皮がめくれているような形にすることができるため、多少お金を出してでもそうしてもらうのが普通です。
あとは糸や麻酔などそれぞれの病院で異なり、そこが費用面に多少の影響を与えています。

さらなる注意点は安く手術ができると言っておきながら、相手のクリニックがこの手術では元に戻りやすくなるからもっと高いものがいいと話を持ちかけて結果的に高い手術代金を出すハメになるケースが存在することです。
クリニックの中にはカウンセリングと同じ日に手術を受けさせようとするところもありますが、まずはいったん話だけを聞き、他のクリニックにも話を持っていって見積もりをとってから本当に手術を行うべきかどうかを検討することが大事です。