ウォーターサーバーと浄水器の違いについて

Pocket

ウォーターサーバーと浄水器の違いとしてまず大きいのはその本体のサイズにあります。
もちろん大量に水を使用することを想定した大型浄水器ともあるのですが、家庭で使用することを想定するのであれば蛇口に取り付けるタイプ、もしくは水を綺麗にしたい台所の水道管に挟みこむようにして取り付けるタイプになるでしょう。
そのため浄水器は割とコンパクトに備え付けることが出来るのに対し、ウォーターサーバーとなるとそれなりのスペースが必要になってきてしまいます。

従って「水のためにスペースを割きたくない」ということであれば浄水器を選んだほうが無難であると言えます。
ただウォーターサーバー特有のメリットとして挙げられるのは、やはり水としての品質が極めて高いということでしょう。
現在ウォーターサーバー用の水として展開されているものには各地で採水されてきた美味しい天然水や、逆に特殊なフィルターを使って水の中から一切の不純物を取り除いたRO水があります。
美味しさを求めるのであれば天然水を選ぶことが出来ますし、安全性を第一にしたいということであればRO水を選べます。
いくら浄水器が高性能であると言っても天然水ほどの味わいを出すことは難しいですし、家庭用浄水器がRO水以上に自ら不純物を除去するということはできません。
水自体に何らかの特別さを求めるというようであれば、その人はウォーターサーバーを選ぶべきなのです。
どちらも水に関連するものであることは変わりませんが、その価値は全く別の物になりますのでしっかりと自分の目的を考えて選ぶようにしましょう。